社会復帰

ラテラル・オーシャン 1st MV 使命 

9月に入って初めてのコラムなので、近況についても触れたいと思います。

7月下旬から無職になった私は、父親が入院してからは弘前の病院まで母親を連れて往復の日々でした。

無事手術も成功してあとは本人が自力で食事を出来れば、退院の日が決まるようです。

という事であとは大丈夫だろうという事で就職活動をしていて仕事が決まりました。
簡単に言えば長距離ドライバーです。

しばらく慣れるまでは一番遠くて東京のようですが初出勤の17日からいきなり東京に向かいます。

普通まずは先輩の横にいて学んで、次は運転をしながら先輩が横、その後1人で任されるようですが、全く知識がない今現在の状態でいきなり1人で東京です。

全然どこの高速PAに何があるか、東京行きならどの辺で給油すれば良いのかわかりません。
高速道路の本買ってきたので、それで何とかするしかないのですが面倒くさい。

とりあえず明日16日電話で18日のお客さんへのお届け先と時間を電話するという事ですが、この辺はさすが青森です。

よく例にあるライオンの話であれば谷底に落とされました。

これが試用期間の厳しさかと思うようにしました。

しかし、ドライブレコーダーはさすがに付いていると思いますが、装備が全然わかりません。

とりあえず電源ないと困るのでアマゾンに注文しましたが・・・

ちなみにアマゾンはプライム会員でも青森は2日後じゃないと届きません。

土曜日注文してギリギリ明日到着のようです。

注意事項として言われたのは、人をひくな、自分で死なないように。
あとは多少トラックぶつけようが、この業界はそんなのイチイチ気にしていてもどうしようもない。

という豪快な社長でした。

という事でこんな感じで青森から離れる機会が増えそうです。

青森でそれなりの給料を得る為には何かしら犠牲にしないと無理です。

そして、この仕事で大丈夫そうであれば、今後の音楽活動が思ったより早く進むと思います。
既存の曲を発表しながら機材を買って新曲を作る事も出来そうです。

ただ

今年、使命のような感じで曲を発表するのはもう間に合いません。

そこは諦めました。

しかし来年3曲公開するというのは恐らく仕事を辞めない限り出来ると思います。

今年復活の年に1曲というのも淋しいので何か考えています。

充分底辺は飽きる程、味わったので来年は浮上しましょうか。

問題は作曲はともかく、今でも作詞出来るのか全く自信がありません。
元々誰もいないから自分がやるスタイルだったので、働きながらだと出来るのか?
そこが心配です。
あとは音楽活動していない間に不満しかなかったので、別人のような歌詞になる可能性もあります。

個人的に作詞はパズルみたいに言葉を並べているだけなので、今も他人の曲を聴いても全く興味ないのが歌詞です。

歌詞を気に入って下さった方には申し訳ないですが、隠し事は嫌いだし本当の事なので書いてしまいます。

そういった問題はあるものの、これでまた動き出せるので、お待たせしてしまいますが期待して下さって大丈夫です。

今後も全部シングルで通用する曲を発表して行きます。

なので、もしCDアルバムを作成するとしても出すアルバム全てがベストアルバムのつもりでやって行きます。
そのCDを出す頃というのは私の歌がきちんとある一定のレベルに達した時です。

だから最初に2~3年はウォーミングアップと言っていました。

資金が出来ても歌が追いついていないのであれば早めません。

CDという商品になる以上は、そこだけはこだわりたいと思っています。
あとは当然、全楽器生演奏ですね。

このような近況です。

たまにコラムも更新しないとこっちしか見ていない人もいると思いますので、投稿しました。

もう来年に向けて動き出してしますので、またいつもの言葉になってしまいますが、気長にお待ち下さい。